▼茶園の説明 ▼紅茶のセミナー
紅茶カタログ コンテンツ
シーズンティー紅茶
エキストラティー紅茶
デラックスティー紅茶
オーガニックティー紅茶
フレーバードティー紅茶
ミルクティー向き紅茶
アイスティー紅茶
ジャム・ハはちみつ
紅茶の道具
ティーポット・カップ
紅茶ギフトセット
紅茶の淹れ方
紅茶のグレード
紅茶のお話
ご注文方法
紅茶工房レジーナ住所

紅茶商品ラインアップ



リンクについて

紅茶工房レジーナ


紅茶の淹れ方

紅茶イメージ 紅茶イメージ

おいしい紅茶を淹れるには、茶葉からおいしい成分が出てくるようにする必要があります。
そのためには、完全に沸騰した熱湯を使います。お湯の温度が低いと紅茶は、日本茶と違って
摘んだ後に完全発酵させてあるので、おいしさの成分が抽出しきれません。より成分を引き出すには、ポットの中で茶葉を上下に対流(ジャンピング)させるのがベストです。温度が低いと
茶葉が浮いてしまいます。


◆ゴールデンルール
(イギリスで生まれたルールです)

紅茶のいれかたは、とってもシンプル。
5つのルールで、紅茶のおいしい成分と香りを引き出します。


●1, 茶葉と水は新鮮なものを用いる
紅茶の香りや味わいは水質によって大きく変わってきます。おいしい紅茶を淹れるために最も適している水は水道水(軟水)です。市販されているペットボトルの水やミネラルウォーターなどの多くの水は硬水なので、紅茶には
適していません。

●2, ティーポットはあらかじめ温めておく
沸騰したお湯をポットに注ぐと、ポットに入れたお湯は
約5度程度下がってしまいます。
まずポットを湯煎します。

●3, 正しい分量の茶葉を入れる
ティーメジャーを使い、ティーカップ1杯にティーメジャー
1杯が基本です。ティーメジャー1杯で約2.5g、小さな茶葉はすり切り。大きな茶葉は中盛と覚えてください。紅茶は濃くなった時にはお湯を入れて(差し湯)薄めるということが出来るので、迷ったら少し多めに茶葉を入れる事をお薦めします。

●4, 沸騰してすぐの熱湯をポットに勢いよく注ぐ
ジャンピングを起こしやすくしてくれます。

●5, しっかり蒸らす

蒸らすことによって、おいしい成分が十分に引き出されます。小さな茶葉で3分、大きな茶葉で4分以上が抽出時間の目安です。
特にミルクティーをいれる時は、少し長目に蒸らすとおいしくいれられます。




◆紅茶の効用
紅茶は嗜好品となっていますが、お茶が飲み始められた当初は、不老長寿の霊薬として用いられていたと言われています。
当時は漢方薬に近いものだったと思われます。
   
紅茶はアルカリ性食品で、タンニン、カフェイン、フッ素、ビタミン類を含んでいます。主な成分であるカフェインとタンニンの効果は次のとおりです。

1.カフェイン 皮下脂肪の燃焼/大脳の中枢神経い作用し、ストレスの解消、食欲の回復
2.タンニン 老化防止/ガン予防/動脈硬化の抑制/抗菌作用/抗ウイルス作用


COPYRIGHT@LEGINA